血液型で相性占いをしよう!

日本で最も親しまれている身近な相性占い

血液型占いってかなりの日本人に親しまれて愛されている占いである。世間話でも普通に「○○は何型っぽい」なんて話たりする。それほど占いに興味が無いような人でさえ話たり。興味を持ったり。自分でも知らず知らずのうちに話をしていたり、頭で考えたりすることがあるはず。

それこそ占い、相性占いなんてのは世界中にかなりの数が存在していて、日本でもいろんな相性占いがテレビや雑誌なんかでちらほら見かけるものだ。パワーストーン多数販売といった占いグッズも良くみかけるようになったので、とても身近なものではないだろうか。なのに、血液型相性占いがどうしてこれほどまで国民に身近に広まったのかが気になるところである。その理由としては、占いって割とややこしいものが多い中(専門の人でないと占えなかったり、自分でできるとしても本を見ながら座標合わせのように調べるのがめんどくさかったり)、この血液型相性占いは違っていたのである。それは血液型の四種類だけで結果が分かるというなんとも分かりやすく覚えやすいというものだったからである、と個人的に考える。

実際に知人や友人なんかの血液型を占ってみてもその結果が割りと合っていることが多い、というのも広まった理由に当然、あるだろう。それに、簡単に調べられるのでその結果を頻繁に知ることでそれぞれの血液型の傾向が調べなくても覚えてしまうということも大切なポイントになると思う。

そんな血液型相性占いは、初対面の人とよく起こりやすい「微妙な間」という現象をやんわりと埋めてくれる役割を担ってくれるので、とても重宝される。凄いのは、間を埋めるのにこの占いが使われるほど多くの人に知られているから可能なことなのである。これがタロットカードや細木○子さんの占星術なんかだと絶対に上手くいかない。血液型相性占いだからこそ可能なのである。
いや素晴らしきかな血液型相性占い!

血液型占いの発祥

血液型の基本的なことについて紹介していこう。

周知の通り、現在血液型はA型、B型、O型、AB型の4種類となっている。日本人の血液型の割合は40%という約半数の人たちがA型で、次に多いのが30%のB型、20%の人がO、ABが10%となっている。

血液型血液型と言っているが、人間の血液型っていうのは20世紀の始めくらいの頃に発見されたものである。血液型で人の性格がわかるというのは当時としてはとても衝撃的で大きな話題にもなったようである。その当時の血液型の性格付けは、Aは陰気でBは陽気、Oは剛気、ABが天才だと分けられていた。

しかし、そんなに単純に人間の性格が決まるわけではないものではあるだろうが、こういう風な傾向があるという風に言われると当時としては血液型でこんなことがわかるなんてとても驚いたことだろう。

血液型相性占いで占える事

この血液型相性占いでは、男と女の相性はもちろんのこと、男同士や女同士の相性なんかも占うことができる。やっぱり気になるのは恋人との相性で、その相性についてを占うことが多いことだろうが、友達との相性や仕事場での人間関係なども占えるようになっている。

血液型によって性格分類をするのは日本だけだとよく言われているが、それは間違いであり、中国や台湾でも当たり前のように行われているようである。

相性とは

相性占いがこの世の中には数多くの種類があると上の方でもお話したが、相性を占うのがすでに当たり前になっている現在において、ではそもそも相性って何なのかと疑問に思ったことはないだろうか?人と人との関係と言えばそれまでなのだろうが、そのことについて少しお話してみよう。

相性(あいしょう)というのは、二人の気心が合うかどうかというもので、お互いの性格が似ている場合なんかは気心が合うことが多いので良い相性となり、お互いの性格が似ていないと相性が良くないことが多いと言われている。

気心が合うということは、お互いの価値観や美に対する意識、倫理観なんかまでも同じことが多い、さらには正義観、芸術に対する心も似てくるのである。相手が馬鹿に見えるのは価値観が逆の場合のときくらいで、価値観が同じような人を馬鹿と思うことはあまり無いものだ。つまり、価値観の一致ということが人と人との付き合いにおいてとても重要なものなのである。

人の相性というのは昔からずっと行われていたようで、やはりその結果を決めていたのは占いであった。そのためなのかどうなのか、相性という言葉自体に大昔から続いてきた占いの歴史と一緒になって神秘的で謎のあるもののように思えてくる。占いと相性というものがとても密接な関係にあると思われる。また、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」とあるようにそれが絶対ということでもない、かもしれないというようなフワフワしたイメージもある。

そして、どうやらこれまでの占いというのは相性が悪い場合でも、その相性を良くするというようなことが無かったようである。この結果は運命なんだと思うしか無かったようである。そのせいもあってか、あえて「わざとあいまいに」という流れになったということがあるかもしれない。確かに占いというのは、あいまいだからこその占いだと言えるものだろう。あいまいじゃなくこれだと決め付けられてしまうのは占いという感じがあまりしない。

でも、実際の相性というものは、性格に大きく関わっているのでとても分かりやすいものである。お互いの価値観の方向さえ分かってしまえば相性が悪いということにはまずありえないもの。

また、相性はお互いの性格次第なので相性が悪いからとその人と付き合えないというわけではない。自分が相手の性格に合わせた付き合い方ができるなら、それこそ良い関係になるものだ。相性が悪い、合わない関係というのはその人の向いている方向が自分とは全く違うということだ。だからといって自分が正しいということでもなく、それは自分の見えない所を見てくれる人であるのでとても必要な存在であると言える。

恋人とのケンカ別れの原因なんかの多くは、相手が悪気があっての行動だと思いがちであるようだ。でもそのほとんどの場合、自分と相手との価値観の違いや性格の違いによる勘違いが原因だ。ケンカをして別れるまで気付かなかったというのも遅いので、自分と相手の性格を早めに知っておいて対策を立てておくのが良い付き合い方だろう。

最新占い情報サイト

電話占いウィルで明るい未来を掴み取ろう!
http://www.seattlefoodandwineexperience.com/

ページのトップへ戻る